2018年6月27日水曜日

愛機のシートについて、、、

こんばんわ
 
連投の私です。
 
 
今回は
 
前回申しました通り
 
愛機(1930年式)のシートについてお話を、、、
 
画像は御座いませんが
 
以前はFRP製のなんちゃってボンバーシートでした
 
正直
 
腰と御尻に悪く
 
長時間のライディングはお世辞にも
 
「良い」とは言えない代物でした。。。
 
この愛機のカスタムコンセプトは
 
「カッコよく、乗る事が楽しい車」
 
ですので
 
苦痛な面は極力排除致します。
 
そこで今回使用するシートを仮置きしてみました。
 
良い感じで御座います。
 
ただし、このレザーが劣化してボロボロなので
張替えをやってみようと思います
 
ということで
全て分解してみました
 
シートベースは錆も少なく程度は良好
 
発泡ウレタンも弾力があり、程度は良好と思います
 
でも折角分解したんで
十分に日光浴をさせてあげます
 
張り替える為には「型」が必要なので
全てのパーツを切り出していきました
 
あとは
生地を購入致しまして
ケガいて
裁断
縫い合わせて
シートを新調しようと思っております
 
デザイン的には
やはり縦タックロールは外せないかなと、、、
パイピングで強度と見た目を両立させて、、、
 
う~ん
妄想は膨らむばかりで御座います
 
あとは色
 
ビンテージ調のブラウンか
万能なブラックか、、、
 
悩ましい所ではありますが
あれこれ考える事が楽しい今日この頃で御座います
 
 
それではまた